東京都多摩地域の不動産問題・相続対策と賃貸経営・賃貸管理なら財産ドック東京多摩センター

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

相続には、本人が選べる3つの選択肢がある

読了までの目安時間:約 6分

 

原則として、相続は借金などの負債も含めて、被相続人の一切の権利・義務を受け継ぐこととなります。したがって、負債の方が多ければ被相続人自身の財産でそれを返済しなければなりません。

 

民法では、そのようなケースも想定して、相続人が自由に選べる3つの選択肢を用意しています。

 

1つは、プラスの財産もマイナスの財産も全面的に相続する「単純承認」で、被相続人の権利義務の一切を継承することです。相続開始後、何ら意思表示をしなければ自動的に相続を承認したこととなります。

 

そしてあとの2つが「相続放棄」と「限定承認」というものです。

 


 

タグ :

相続と贈与のキホン    コメント:0