東京都多摩地域の不動産問題・相続対策と賃貸経営・賃貸管理なら財産ドック東京多摩センター

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

特別受益と寄与分について

読了までの目安時間:約 7分

 

法定相続分や遺言による指定相続分が決まると、それに従って相続財産を分けます。

 

しかし、被相続人が生前に特定の相続人に多額の贈与をしたり遺言で遺贈した場合や、相続人の中に相続財産の維持・増加に貢献したり被相続人の療養看護に尽くしたりした人がいる場合、それらを考慮しないで財産を分けると不公平になります。

 

そこで、民法では相続人間の公平性を図るために、特別受益や「寄与分」といった定めがあります。

 


 

タグ :

相続と贈与のキホン    コメント:0