東京都多摩地域の不動産問題・相続対策と賃貸経営・賃貸管理なら財産ドック東京多摩センター

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

賃貸借契約は公正証書契約にしたほうがよいか?

読了までの目安時間:約 5分

 

土地や建物の賃貸借契約を締結する際、契約書を公正証書にすることは滅多にありませんが、たまに貸主側より「契約は公正証書で作ってもらいたい」といったご依頼をいただくことがあります。

 

特に、賃料が比較的高額になる事務所や店舗の契約の際にそのようなご依頼をいただくことが多い傾向にありますが、そのような際、「契約書としの効力は公正証書であってもなくても変わりはありません。費用が掛かることなので借主さんも嫌がりますし、実務的にはほとんど公正証書を作ることはありませんよ」といったニュアンスの回答をさせていただきます。

 

では、賃貸借契約を公正証書にすることはまったくもって意味がないことなのでしょうか・・・?

 


 

タグ :

賃貸経営の法律関連    コメント:0