東京都多摩地域の不動産問題・相続対策と賃貸経営・賃貸管理なら財産ドック東京多摩センター

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

定期借家契約にすると入居者が敬遠して募集に支障をきたす!?

読了までの目安時間:約 8分

 

2000年の3月に、「良質な賃貸住宅等の供給促進に関する特別措置法」の施工にともないスタートした「定期借家契約」

 

施行からはや14年が経過しましたが、国土交通省住宅市場動向調査によると、現状の普及率はまだ5%程度とのこと。

 

定期借家契約(以下、「定借」といいます)のメリットを理解して導入したいと考え始めるオーナーも徐々にですが増えてきているにもかかわらず、思ったほど普及が進まないのは何故でしょうか?

 

その背景について考えてみたいと思います。

 


 

タグ : 

賃貸業界のトレンドなど 賃貸経営の法律関連    コメント:0