みどりの森法律事務所 増井賢

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

弁護士の月額顧問契約料はもったいない!?

読了までの目安時間:約 5分

 

少し古いデータですが、2009年に日本弁護士連合会が弁護士に対して行ったアンケートによりますと、当社のような中小企業が弁護士に支払う顧問料は、月額5万円が全体の45.7%、3万円が40.0%、2万円が6.7%、10万円が5.7%とのこと。

 

3万円~5万円で全体の85%以上を占める結果となっていますね。

 

では、はたしてこの月額顧問料、高いのでしょうか?

それとも安いのでしょうか?

 

 

高いか安いかを判断する前に、顧問弁護士はどのような仕事をしてくれるのかを考えてみましょう。

 

弁護士と顧問契約していない企業の多くは、トラブルが発生したら、その時になってから弁護士に相談すればよいと考えているかと思います。

 

実は以前の当社もそうだったのですが、いざ顧問契約をしてみると以下のようなメリットがあることに気づきました。

 

・セカンドオピニオンとしても気軽に相談することができる

 

・優先的に迅速な対応をしてもらうことが期待できる

 

・自社の顧客へ顧問弁護士による無料法律相談を案内できる

 

・労務関係のトラブルも予防できる

 

・当社には顧問弁護士がいることを対外的にアピールできる

⇒実はこの効果が意外と大きい!?

 

 

この他にも、当社のような賃貸管理業を行っている会社は、悪質な家賃滞納者に対して弁護士名で内容証明郵便を出せることや、悪意のあるクレームに対しても顧問弁護士の存在をちらつかせながら、精神的にも優位な状態で交渉に当たれることは目に見えない効果をもたらしてくれているといえます。

 

お陰さまで、こころなしか当社のスタッフたちも、弁護士との顧問契約以来安心して業務に当たってくれているように思います。

 

◎結論として、企業規模にもよりますが、顧問料の月額3万円~5万円はけっして高くない。

むしろ安い!(費用対効果バツグン!)と言ってもよいかと考えます。

 

 

さて、ここまで弁護士との顧問契約のメリットを述べてきましたが、一年ほど前から弊社の顧問としてさまざま相談に乗ってくれているのが、本記事のアイキャッチ画像にもなっている弁護士の増井先生。

 

増井弁護士は、京王相模原線「南大沢」駅徒歩1分(パオレビル内)にて「みどりの森法律事務所」を構えていますが、多摩センターの当社とはオフィスが近いということもあり、月に一度は定期的に訪問してフォローしてくださっています。

 

まだ30代と若い先生ですが、常に当社のスタッフに対しても気配りを持って丁寧に対応していただき、

頭の回転も速く、私にとっても頼りになる存在と言えます(^^♪

 

18664730_1383799481714428_4809620226031243826_n

(前回の定期ミーティングより)

 

・顧問料を毎月払うのはもったいない!

・なにかトラブルが起きてから弁護士に頼めばよい!

 

このようにお考えのあなた、みどりの森法律事務所の増井弁護士に相談して、法律に関するモヤモヤをスッキリしてみませんか?

 

もし宜しければ、わたくし田岡の方からもご紹介してお繋ぎさせていただきますのでお気軽にお声がけください(^^♪

 

 

◎南大沢駅前の「みどりの森法律事務所」は、多摩センターからもアクセス良好な多摩地区に特に強い法律事務所です。

 

また、個人から企業まで、さまざまな相談を受け付けています。

多重債務(債務整理・個人破産・個人再生)、金銭消費貸借、離婚、遺言・相続、成年後見、刑事事件、交通事故等の法的な問題で困っている、悩んでいる方は是非ともご相談することをお薦めいたします。

 

みどりの森法律事務所

 

 

スポンサーリンク

 

タグ :

異業種ビジネスミーティング    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: