東京都多摩地域の不動産問題・相続対策と賃貸経営・賃貸管理なら財産ドック東京多摩センター

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

取得費加算特例の改正で譲渡税が大幅にアップ!?

読了までの目安時間:約 6分

 

以前の記事で、相続税取得費加算特例の改正について書きました。

 

「取得費加算の特例」とは、売却した土地の、いわゆる原価となる部分の取得費に一定額を加算して原価の額をアップしてくれることにより、売却益が減って譲渡税も軽減される仕組みです。

 

相続財産である土地を売却すると、相続税のほかに譲渡税まで二重に課税されてしまうことを回避するため、相続税の申告期限から3年以内の売却であれば、譲渡税が軽減されるというものです。

 

 

さて、いよいよ平成27年1月1日相続分以降からは改正後の特例が適用されるわけですが、

今回あらためて、現行制度と改正後の数字の比較を具体例で掘り下げてみたいと思います。

 


 

タグ :

相続&贈与関連トピックス    コメント:0