東京都多摩地域の不動産問題・相続対策と賃貸経営・賃貸管理なら財産ドック東京多摩センター

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

結婚前の同棲は必要だと思うか?|20・30代の意識調査

読了までの目安時間:約 5分

 

「結婚する前に同棲は必要か?」

 

という質問に対して、「はい」と答えた男性は7割、女性は6割と、男女ともに半数以上が結婚前に同棲は必要と考えていることが分かったとか。

 

 

これは、婚活アプリを開発・運営するマッチアラームという会社が、20代、30代の独身男女の会員2754名に対して行ったアンケート結果だそうですが、「はい」と答えた回答からは、「相手を見極めるため」「相手をよく知るため」という意見が多く、一方、「いいえ」と答えた回答からは、「結婚してからわかることがあってもいい」や「結婚後の新鮮味がなくなる」という意見も寄せられたようです。

 

「いいえ」の回答の内、特に女性からは、「婚期が遅れる」や、「結婚しないためにするもの」というネガティブな意見も多くあったようですね。(なるほど、たしかに女性の側から見たらそうかもしれませんね…)

 


 

タグ :

賃貸業界のトレンドなど    コメント:0

アウトプットの大切さ@上級相続カウンセラー養成講座3日目

読了までの目安時間:約 5分

 

元気ですか~!!

 

本日は朝から雪かき&雪かき。

 

管理物件の雪かきの合間に東京都知事選挙の投票に行ったところ、雪かきで感覚が麻痺していた手で上手く投票用紙に記入できなかった、相続カウンセラーの田岡です。

 

まるで幼稚園児みたいな文字になってしまいましたが、きちんと有効票になるのか、少々心配です(^_^;)

 

 


 

タグ :

つれづれ日記    コメント:0

相続税取得費加算の改正について

読了までの目安時間:約 4分

 

いよいよ来年に相続税の改正を控え、平成27年1月1日以降の相続分からは基礎控除の額が大きく下がることはよく知られています。

 

基礎控除、現状「5000万円+法定相続人×1000万円」⇒改正後「3000万円+法定相続人×600万円」

(つまり4割引き下げということです)

 

その陰に隠れて目立たない改正ですが、地主さんの相続に大きな影響を及ぼしそうなのが「相続税取得費加算の特例」の改正です。

 

 

例えば、その昔3000万円で買った土地があるとします。

 


 

タグ :

相続&贈与関連トピックス    コメント:1

契約更新後の滞納賃料を連帯保証人に請求できるのか?

読了までの目安時間:約 6分

 

長引く不況で雇用等の先行きも不透明な状況下において、残念ではありますが、賃料の滞納案件も増加傾向にあり、賃貸管理業者としては頭の痛いところでもあります。

 

通常、アパートマンション等の賃貸住宅の契約の際には、親族等の連帯保証人が必要となってきます。

 

一般的には親が連帯保証人となるケースが多いですが、賃貸契約者自体の年齢が上がってきている中、その親となれば高齢となり、連帯保証人として適正でないと判断せざるを得ない事例も増えてきています。

 

また、いざ滞納が発生して、連帯保証人に請求となったとしても、地方の借家暮らしの高齢世帯には保証能力がないというケースも少なくありません。

 

そのようなケースに備えて、近年では最初から入居者に費用を負担してもらって賃貸保証会社を活用する場面も増えておりますが、今後はますます保証会社が主流になってくるものと思われます。

 


 

タグ : 

賃貸経営の法律関連    コメント:0

3月末に受領する4月分の前家賃への消費税率は?

読了までの目安時間:約 4分

 

4月の消費税増税まで、いよいよあと僅かとなりました。

 

居住用の賃料については非課税ですが、事務所や店舗などのテナント物件および月極駐車場の賃料は課税対象となっていることは周知のとおりです。

 

また、賃料は前家賃として前月末に受領するのが一般的な契約スタイルです。

 

そこで、問題となっていたのが、3月末に受領する4月分の賃料にかかる消費税は5%なのか?それとも8%なのか?ということでした。


 

タグ :

賃貸業界のトレンドなど 賃貸経営の税金関連    コメント:0