多摩市特定空家等の適正管理に関する条例

不動産相続コンサルタントのブログ@東京多摩

多摩市特定空家等の適正管理に関する条例

読了までの目安時間:約 5分

 

 

適正に管理が行われていない空き家(戸建て住宅等)が、全国で地域住民の生活に、安全などの観点から深刻な影響を及ぼしています。

 

このたび多摩市でも、市民から「空家等の適正管理に関する条例の早期制定」を求める政策提案もあり、国の「空家等対策の推進に関する特別措置法」が全面施行されたことを踏まえて、多摩市民が近隣の空き家に迷惑を被らずに安心して生活できる環境の整備を目指して「多摩市特定空家等の適正管理に関する条例」が平成28年7月1日より施工されることとなりました。

 

 

 

管理者不在などで、適正に管理されていない空き家が引き起こす問題

      • 安全上の問題

    そのまま放置すると、建物が倒れてしまう可能性があり、危険な状態である。

      • 衛生上の問題

    不法投棄などでゴミがたまり、悪臭やネズミの発生など、衛生環境が悪化している。

      • 景観上の問題

    屋根や壁が落書きなどで汚されたり、傷んだりしたまま放置されていて、見た目が悪い。

      • 交通の問題

    木の枝などが道路にはみ出て、歩行者の通行を妨げている。

      • 防犯上の問題

    門が施錠されていなかったり、窓ガラスが割れていたりして、不特定の人が簡単に建物に侵入できてしまう。

この他にも国土交通省ホームページに掲載されている「特定空家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針(ガイドライン)にて、問題のケースが確認できます。

 

「空家対策の推進に関する特別措置法」国土交通省HP

「多摩市特定空家等の適正管理に関する条例」多摩市公式HP

 

 

img1362163fzik8zj

 

空き家問題の解決に向けた措置フロー

 

相談通報

適正に管理されていない空き家がある!

現地調査

多摩市が調査に向かいます

依頼

調査で問題があった場合、所有者に改善依頼の通知をします

 

改善されない場合

 

特定空家の認定

多摩市特定空家等認定審査会に意見を聴いて認定します

助言・指導

特定空家に認定されたことを知らせる通知を所有者に発送します

勧告

措置の内容を所有者に発送し、固定資産税の優遇措置が除外されます

命令

勧告の措置に従わなかった場合、解決策を講じることを求めます

代執行

問題の内容に応じた解決策を、代執行法に基づき多摩市が講じます

費用の徴収

代執行に要した費用を所有者に請求します

 

 

どうやって特定空家に認定するの?

「多摩市特定空家等認定審査会」を設置して意見を聞き、適正に管理されていない空き家を多摩市長が特定空家に認定します。

適正に管理されていない空き家が周辺にあって困っている方は、多摩市防災安全課へご相談を!

 

●適正に管理されていない空き家について

防災安全課防犯担当 ☎042-338-6841

●空き地の環境衛生面などについて

環境政策課環境政策担当 ☎042-338-6831

●その他、空き家政策などについて

都市計画課住宅担当 ☎042-338-6817

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

多摩周辺地域情報    コメント:0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: